野草大好き!愛媛の花々

愛媛県の野草を中心に季節の花々を写しています!可憐な自然の花々をお楽しみ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アカザ

今日は、アカザです。アカザ科、アカザ属。花期8~10月。古くから「アカザの杖」などといわれるほど、茎が軽くて丈夫でまっすぐにはえるそうです。若葉の中心の赤みをおびるのが、アカザ。他に、白いものでシロザというものがあります。インドまたは中国が原産といわれています。
akaza.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/08/31(水) 15:44:41|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アキチョウジ

今日は、秋丁字(アキチョウジ)です。シソ科、ヤマハッカ属。花期8~10月。仏具などに使う香料「丁子」形に似た花を秋に咲かせることから、この名がつけられました。
akityouzi.jpg

  1. 2005/08/30(火) 11:03:30|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

イワタバコ

岩煙草です。イワタバコ科、イワタバコ属。原種は、熱帯、亜熱帯地方中心に分布。花期7~9月。白、紫色の花が咲きます。タバコとよく似た葉で、岩壁に下がるように咲きます。若葉は、タバコにはなりませんが、山菜として食べれます。
iwatabaco.jpg

  1. 2005/08/29(月) 11:10:36|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メマツヨイグサ(雌待宵草)

今日は、一般には月見草という名で総称されているうちのひとつメマツヨイグサです。アカバナ科、マツヨイグサ属。原産は北アメリカ。花期6~9月。花は黄色のみ。本来の月見草は白色です。もともと夜のうち咲く花なので、この名がついたと思われます。もっと、花の大きいものにオオマツヨイグサ(大待宵草)というのがあって、太宰治の「富嶽百景」に読まれた「富士には月見草がよく似合う」の花だといわれています。
mematuyoigusa.jpg

  1. 2005/08/27(土) 10:55:07|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

タンキリマメ(痰切り豆)

今日は、花ではなく、実です。タンキリマメ。花は、淡黄色で7~9月に咲きます。マメ科、タンキリマメ属。秋に、赤いマメのサヤがはじけて、このようにマメがでてきます。関東以西に分布しています。種子を食べると痰が切れるということが語源ですが、実際の効果はあまりないようです。
tankirimame.jpg

  1. 2005/08/26(金) 11:21:18|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山芋の花

今日は、山芋の花です。花期8月。イモの収穫は11月頃。ヤマノイモ科、ヤマノイモ属。別名 自然薯(ジネンジョ)。葉は細長いハートのような形で、雌雄異株です。地下にできるイモの長さは150センチくらいにもなるそうです。この花が咲いてイモができるまでの間、つるに「むかご」という、黒い丸いイモができるそうです。下の写真にそのむかごになりかけの実があります。
yamaimo.jpg

yamaimo1.jpg

  1. 2005/08/25(木) 12:36:11|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

テッポウユリ

お久しぶりです。今日は、テッポウユリ(鉄砲百合)です。ユリ科、ユリ属。日本の九州以南が原産。花期5~8月。海外では、「イースターリリー」といわれ、宗教行事には欠かせない花です。日当たりのよい場所を好みます。この近くでもしまなみ街道沿いによくみられます。
teppouyuri.jpg

  1. 2005/08/24(水) 16:12:41|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

ヤマジノホトトギス

今日の花は、ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)。花期6月下旬~9月下旬。ユリ科、ホトトギス属。ホトトギスとは、白地の花被片を染める紫色の模様が鳥のホトトギスの胸の斑紋に似ているところから。ヤマジノホトトギスは、1~2輪ずつしか花をつけません。
yamazinohototogisu.jpg

  1. 2005/08/20(土) 16:30:04|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キダチチョウセンアサガオ

今日は、木立朝鮮朝顔(キダチチョウセンアサガオ)です。原産国は、ブラジルで、別名ダチュラ、エンゼルストランペットです。ナス科、キダチチョウセンアサガオ属。花期6~9月。日本には、明治時代に入って来ました。全草に猛毒が含まれています。
kidatityousen1.jpg

kidati2.jpg

kidathi3.jpg

  1. 2005/08/19(金) 16:10:49|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

タバコの花

今日は、タバコの花です。ナス科、タバコ属。メキシコ、アメリカ原産。花期7~9月。花は、赤または白色。全草有毒。たばこの語源は、ポルトガル語だそうです。私の実家のそばにもタバコの畑があるのですが、その畑では花は見たことがありません。タバコの葉に養分がいくように花は落とされるそうです。
tabako.jpg

  1. 2005/08/18(木) 16:26:40|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴーヤ

今日の花は、ゴーヤです。ニガウリともいわれますが、植物名は、「ツルレイシ」と言うそうです。インド原産で、ウリ科、ニガウリ属。日本には、江戸時代はじめに入ってきたそうです。きゅうりの花と似ています。ビタミンCが豊富で、肝機能にいいとか、疲労回復にいいとか様々な効果があるといわれています。種、わた、実を入れてゴーヤ茶なども売られています。
gouya.jpg

  1. 2005/08/17(水) 11:08:53|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キバナセンニチコウ

今日は、キバナセンニチコウ(黄花千日紅)。ヒユ科、センニチコウ属。花7~10月。テキサスやメキシコ原産。日本には大正時代に入ってきました。黄や赤の花が夏から秋にかけて長い間咲いているためこの名がつきました。似たもので、背丈の低い千日紅があります。こちらは、白、ピンクの花が多いです。
kibanasennitikou2.jpg


kibanasennitikou1.jpg

  1. 2005/08/12(金) 15:31:54|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クコ

今日は、クコ(枸杞)です。ナス科、クコ属。花8~10月。
晩秋に赤い実をつけます。中国では、クコは、実はクコ酒や生薬、葉はお茶、茎、根も生薬と余すところなく使われています。強壮や肝臓にいいとか。中国の古書に「枸(からたち)」のようなトゲがあり、「杞(こりやなぎ)」のように枝がしなやかに伸びるので、枸杞と名づけられたと記載されています。
kuko.jpg

  1. 2005/08/11(木) 10:52:50|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そばの花

今日の花はそばの花です。蓼(タデ)科。中央アジア原産で日本には縄文時代に入ってきました。花期は夏と秋のものがあり、7~10月。花は1日しか咲いていない。名前は稜(そば=角)のある麦からそば。フランスでも古くから食されているが、花の色はピンク色。ミレーの「種をまく人」は、そばの種をまいています。そばの花の蜜は他のものより鉄分が多いそうです。
soba.jpg

  1. 2005/08/10(水) 12:26:19|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホソバノヤマハハコ

漢字で書きますと、細葉の山母子です。ヤマハハコは長野以北の土地にしか生息しないそうです。他に、カワラヤマハハコもあります。キク科、ヤマハハコ属。花期8~9月。山に生え、春の七草のひとつハハコグサ(オギョウ)に似ていることからつけられたとか。
yamahahako.jpg

  1. 2005/08/09(火) 12:28:45|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひまわり(向日葵)

今日は、ひまわりです。夏の花の代表ともいえる花で、花期は7~8月。常に太陽に向かって花を咲かせ、時間と共に太陽を追尾し、向きが変化していくので、この名がつきました。気象衛星などをはじめ、様々なものの名に使われています。
himawari.jpg

  1. 2005/08/08(月) 17:46:03|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケイトウ

今日は、ケイトウです。ヒユ科、ケイトウ属。花期6~9月。熱帯アジア原産です。ケイトウ(鶏頭)とは、花序がニワトリのトサカに似ているためつけられました。
keitou.jpg

  1. 2005/08/06(土) 10:51:14|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミソハギ

今日は、ミソハギ(禊萩)です。ミソハギ科、ミソハギ属。花期は、7月初めから8月末まで。湿ったところが好きです。ミソハギとは、「ミソギハギ」が語源です。旧暦のお盆のときに、ミソハギの枝を水にひたして、仏前の供え物に禊をしたことからついたといわれます。
misohagi.jpg

  1. 2005/08/05(金) 15:46:31|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホウセンカ(鳳仙花)

今日の花は、ホウセンカです。釣船草(ツリフネソウ)科、ツリフネソウ属。花期7~9月。インド、マニラ半島の東南アジアが原産。古くに中国に入り、日本には室町時代に入ってきました。花を鳳凰にみたてた中国名からこの名前がつきました。
housenka.jpg

  1. 2005/08/04(木) 15:03:01|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オクラ

今日は、アオイ科、オクラ属。アフリカ原産。日本には、江戸時代末期にはいってきました。花は、ハイビスカスやムクゲに似ていますが、午前中にしぼんでしまいます。昔、イギリスやフランスでは、完熟した果実がコーヒーの代用品として使われたことも。オクラは、英語の「okra」からきています。
okura.jpg

  1. 2005/08/03(水) 11:52:47|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クサギ

今日は、クサギ(臭木)です。クマツヅラ科、クサギ属。花期8~10月。葉をもむと独特の臭気がしますので、この名前がつきました。赤いのは、ガク、白いのが花です。花だけだと、ユリに似た匂いです。
kusagi8.jpg

  1. 2005/08/02(火) 10:51:29|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トリカブト

今日の花は、トリカブト(鳥兜)です。キンポウゲ科、トリカブト属。
花期7~9月。花の形が舞楽のときに使う金襴などで、鳳凰の頭の形にかたどった兜に似ていることからこの名前がつきました。根は、猛毒のアルカロイドを含みます。アイヌの毒矢に利用されていました。しかしながら、生薬にも使われている植物です。
torikabuto.jpg

  1. 2005/08/01(月) 11:27:51|
  2. 野草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛の花*花

07 | 2005/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。